soap muse

ロマンティックに音楽が湧く

音楽の法律顧問カールベーム。 カールベームがDECCAに遺した代表的名盤。ロマン的な情緒をたっぷりとたたえた荘厳にして崇高な演奏で、1974年度のレコード・アカデミー大賞を受賞した不滅の名盤。ベームの指揮は「音楽が湧く」と言える。つまりベームによって、音楽が自ら奏ではじめるのである。すなわちベームによる演奏の魅力は、楽譜に忠実で作曲家の意志に従う事に努めること。音楽作品での一つ一つのテンポをどのように取るかフィナーレでのクライマックスでどのようにして全能力を発揮させるかということについて、全体を見回したうえで解釈がしっかりまとまっている事である。 ★2004年英デッカ制作DSDマスター使用

Read More

そこが僕の悪い癖

5年ぐらい前はブルーレイディスク一枚で2,500円でも割り安に感じたものだった。それが今では10枚組で800円しない。近頃はテレビも2万円台で買えるし、ハードディスクを外付して録画ができるようになったことを考えると、わたしが今も使っている東芝のテレビ。20万、30万したのが信じられない。いずれ時代はメモリーだろうね。録画したデータ自体はクラウドにおいてそれを見るってことになりそうだ。

Read More

金田一耕助の傑作推理・悪魔の手毬唄 – わたしの好きなドラマ・レビュー

冒頭轟警部と一緒に金田一が亀の湯を訪れる。宿には磯川警部が待っている。東京から電話が宿にあって轟警部はとんぼ返り、本編から姿を消してしまう。豪華な出演者ながら、役者に気を使ってずたずたなドラマにすることなく推理ドラマとしてしっかりとした脚本になっていて、視聴者にとって何十年も楽しめる作品になったことに感謝。

Read More

歌謡曲並みに売れたクラシックレコード、期待のハイレゾ販売化なる。

歌謡曲並みに売れたクラシックレコード、期待のハイレゾ販売化なる。 帝王カラヤンが、ヴァイオリンの雄オイストラフ、情あるチェロのロストロポーヴィッチ、鋼鍵リヒテルとがっぷり組んだベートーヴェンのトリプル・コンチェルト。東西ヨーロッパ音楽界の主役同士が相まみれたことで話題ともなったレコード。時は1970年、大阪では『20世紀少年サーガ』の舞台、大阪万国博覧会。ビートルズの解散。東西冷戦という最中でクラシックレコードしては歌謡曲並みに売れたレコードだということです。

Read More

時に、こういうベートーヴェンはいかが?! 切なげなドイツ人美人が写っていますが、ディーター・ツェヒリンは男性です。

メリハリも際立ったところも感じられない。とつとつとしたところもなければ、サラサラと流れていく音楽でもない。ピアノの響きもスタインウェイでは無いようで、淡彩の色合いで豊かなところもない。アーティスティックでも、テクニカルでも箸にもかからないものだというのに、なんだろう。この神秘的な魅力は。それでもカタログから落ちないのだから撰者たちにとっては捨て置けない録音であるには違いない。

Read More