Posted on: 平成24年10月19日 Posted by: 萌照姫 Comments: 0
Views: 385
0 0
[vertical mode=”rl”]

時に、こういうベートーヴェンはいかが?!
切なげなドイツ人美人が写っていますが、ディーター・ツェヒリンは男性です。ちょっと優男っぽい容姿が演奏スタイルに反映するのかは不思議ですが、メリハリも際立ったところも感じられない。年寄りっぽいとつとつとしたところもなければ、サラサラと流れていく音楽でもない。ピアノの響きもスタインウェイでは無いようで、淡彩の色合いで豊かなところもない。
アーティスティックでも、テクニカルでも箸にもかからないものだというのに、なんだろう。この神秘的な魅力は。

グレン・グールドのように変人でもないようだけど、カタログから落ちないのだから撰者たちにとっては捨て置けない録音であるには違いない。
話題が日本に届いていないだけか、日本では発売されるCDは風景写真だ。ちょっと損をしている。

広告
[/vertical]
Amazon.co.jp: Piano Concertos No 5: 音楽

http://amzn.to/OOHzuI

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す