Posted on: 平成24年10月28日 Posted by: 萌照姫 Comments: 0
Views: 213
0 0

アメリカとチェコが作った2005年の映画『ブラザーズ・グリム』を見てる。劇中、ボッケリーニなどフランスを優位にクラシック名曲が登場する。一方で、森の木々、魔法のシーンにはストラヴィンスキーやリヒャルト・シュトラウスが引用される。ロマン派とゴシック。フランス対ドイツ、東欧という図式が暗示されている。こうした音楽の遊びがある映画はその内容よりも興味深い。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す