Views: 140
0 0

ドイツの作曲家、指揮者、ピアニストであるフランツ・ヴュルナーが没した日(1902年9月7日)。リヒャルト・ワーグナーの『ラインの黄金』と『ワルキューレ』の初演を指揮した。

父親は古典文献学者のフランツ・ヴュルナーで、デュッセルドルフのギムナジウムの校長を務めていた。カール・アルノルト、アントン・シンドラー、フェルディナント・ケスラーに音楽を学んだ。ベートーヴェンの後期ソナタを弾いて、ピアニストとしてキャリアをスタート。1869年にビューローの後任でバイエルン国立管弦楽団の指揮者となった彼が『ラインの黄金』(1869年)と『ワルキューレ』(1870年)初演の指揮を務めたのは、1876年、最初のバイロイト音楽祭『ニーベルングの指環』全曲公演前のことだった。

広告

日本の音楽教育の試唱訓練の際用いられる「コールユーブンゲン」の作者でもある。合唱の練習に、「平均律によるピアノを頼りにしては、正しい音程は望めない」と評している。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

About ohesoya

administrator

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

⋮ Quick Menu
× Close
Share via
Copy link
Powered by Social Snap