おへそをとっちゃった、女ですが。よろしかったら抱いてください。

ウィンザーの陽気な女房たち

ウィーン宮廷楽長ニコライの命日 ― 1849年5月11日

 ドイツのロマン派オペラの歴史を飾る作曲家・指揮者オットー・ニコライが、39歳を前にベルリンで夭逝した日。職業音楽家の父の跡を継ぐように強制されたニコライは、16歳で放浪の旅に出る。23歳でローマに赴き、イタリア伝統の教会音楽やオペラの作曲法を身に付けた後、ウィーンの宮廷に仕える音楽家になり、31歳で宮廷楽長にまで上り詰める。その時、ニコライは現代の私たちに至福の喜びを与えてくれるものを組織した。ウィーン・フィルハーモニー協会、つまりウィーン・フィルを生み出してくれたのである。

 作曲家ニコライの最高傑作が、亡くなる前年、シェイクスピアの戯曲を題材にして書いた歌劇〝ウィンザーの陽気な女房たち〟だ。ドイツ以外の国での上演は稀だが、その序曲はとても人気が高い。ロマン派オペラらしい優美な序奏の後、軽やかで流麗な2つの主題によって、いかにもイタリア風のブッファにふさわしい、活き活きとして爽快な音楽だ。

ニューイヤー・コンサート2017

ニューイヤー・コンサート2017

グスターボ・ドゥダメル

SMJ

2017-01-25

ウィーン・フィル創設の記念の年にドゥダメルの指揮で年頭を飾った演奏会ライヴCD。


Comments

コメントを残す