Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/c5154224/public_html/soap.nmm.jp/wp-content/themes/blog-prime/inc/breadcrumbs.php on line 259

花火大会に行こうょ、浴衣を着ておいでょ

Views: 577
0 0

津波の様に襲ってくる刺激に踊らされたのは、中一の花火大会の最中でした。ど〜ん、ど​〜んと大きな音と、空気の振動。いつもとは違う空気に気分は上気。おっぱいを同じに触​られただけだったのに、スイッチが入っちゃった。

振り返れば大事ではあるのだけれども、その時は翌日、翌、翌日と続く最初になるなんて思ってもいなかったから、ほんの気軽な気持ちだった。それも、今こうして思い起こせているのだからしあわせな事だったと言えそう。

中学入学の一年間は、済し崩し状態で様々な新しい体験をして、それが今の生活、環境を形成している元となっています。

広告

中学入学して最初に出来たクラスメートのお兄さんとひょんな事でセックスする事になったのがゴールデンウィーク前、4月の誕生日。プレゼントに貰ったのが後にも先にも忘れられないセックス。身体中が気体になって揮発してしまう様な感覚は、数々のセックスを思い起こしても2番手、3番手。あの感覚は何だろうと再現を求めて今に至っています。

ゴールデンウィークの休みはそのクラスメートのお兄さんに抱かれる事に夢中。寝るのもそこそこに買ったばかりのゲームで徹夜してしまうのと同じです。わたし達の場合は抱き合って、そのまま眠りに落ちて。気がついたらせっせと挿入されていたり、わたしから催促したり。回復した方から、余りお互いを気兼ねしない感じで一緒の時間を楽しんでいました。

わたしにとっては新しいツールを手に入れた。という感じだったし、“お兄さん”にしても都合の良い存在がわたしだった。だから、わたしは“最初の彼”という言い方はしない。“クラスメートのお兄さん”です。

大学生で、それまでわたしが聴く事がなかったロックや映画のサウンドトラック盤をLPレコードで色々と聴かせてもくれました。ラジオで聴いた事がある程度の音楽をLPアルバムで聴く事が出来ました。

部屋で聴かせて貰っていると自然とセックスに誘われて、それを受け入れる関係。

その関係が変わったのが最初のセックスから3ヶ月ほどしての花火大会。“お兄さん”にしても気楽な気持ちだったみたいで、浴衣を着ておいでよと誘われて出かけたわたしは下着を着けないで従った。

熊本では7月と8月に花火大会があります。テレビ局が主催する花火大会で、熊本城と江津湖畔でそれぞれ開催されています。江津湖である花火は見上げる様な感じで、頭の上に花火が広がる。時には燃えかすが降っても来ます。

湖畔のマンションやホテルからも、良く見えます。花火が上がっている時間は部屋を暗くして楽しんでいます。花火に夢中になってみていると後ろから抱かれて浴衣を脱がされて、セックス。見ていて良いよと言う言葉に後ろから。

絶頂を迎えて、いつもの様におねだりをわたしがする様になった頃に友達グループを紹介された。わたしを観て、その人たちは“へぇ”という表情でした。

About Post Author

萌照姫

12歳の時からの付き合いがあるグループとの成り行きで、高校卒業式当夜にソープデビュー。仕事の行き帰り、熊本銀座通りの商店街アーケードで駕籠町通りで自慢のおへそを晒してます。気に入ったら気楽に誉めて下さい。奇抜な音楽レビューとソープ嬢になった奇異な半生を絡めて面白くエロティックにエンタテインメントに書いていきます。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
ラルペッジャータの夕べの祈り Previous post いやらしいクラシック名曲の名盤が新たに登場した!ラルペッジャータの《夕べの祈り》 http://amzn.to/nb9qa1
Next post こばとらじお summer holiday Series vol.1 – 2011-7-21 http://ow.ly/5JQRa

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

16 thoughts on “花火大会に行こうょ、浴衣を着ておいでょ

  1. 盛り上がって敏感になっている身体には、花火の光、音、揺れ、すべてが良いスパイスになったのではないでしょうか?
    うーん、花火見ながらセックス、すばらしいけど、きっと花火見ないだろうなぁ。せっかくだから身体を見ていたいなぁ。

    1. 光の揺らぎとか明滅が小さい時からスキでした。
      この時も浴衣を脱いでしまって、花火の光がお腹に当たるのを楽しんでた。
      それを“お兄さん”が後ろから攻める。
      つまりは、お兄さんのお友達グループが入ってきた時にわたしたちはすっぽんぽんだった。

    2. グループの誰かが女の子を手に入れると他のメンバーもセックスするって言うのは、良くやっていた様だけど花火バックに笑顔で振り返ったわたしは異様だったって。

  2. クラスメートのお兄さんとセックスする事になった話は以前読んだことがあります。花火大会ではじめて紹介された友達グループが4人だったって事ですよね。この続きの話がが、あの感覚は何だろうと再現を求めて今に至っている経験の話ですか?

    1. この時まではセックスしたのは“クラスメートのお兄さん”だけ。自分でも良く分からないんだけど、紹介された人と挨拶を交わして順番にセックスしました。
      最初の日は同時攻めみたいなはじまりでは無くて、なんだかおかしい感じなんだけど。

      男“お願いします。”

      わたし“ハイ”
      って感じでした。

      全くの初顔合わせでは無くて、6月半ば頃からカラオケ店や喫茶店、ビリヤード店などでは顔を合わせてました。
      その時におしゃべりはしてたし、“クラスメートのお兄さん”が、わたしの胸を揉んで見せつける様なそぶりや、おヘソにキスさせたりしてた。

    2. クラスメートのお兄さんとの最初のセックスが後にも先にも忘れられない経験って事ですよね。初体験でそんな感覚を持つなんてすごいですね。花火大会の友達グループとのセックスは、最初の顔合わせみたいな感じで、翌日、翌、翌日と続く同時攻めみたいなはじまりでのセックスが今でも思い起こせる幸せな事ですか。

    3. 色んな不安など怖くなかったというところ。体力任せというか、気を失うまでがまだして回復したらまたお願いする。
      毎日スタイルが変わっていくのが1番実感できました。グループの人たちもそれを喜んでくれた。
      グループと言っても毎日同じメンバーという事では無くて、他の人も加わって毎日常に4人、5人。
      中一の夏休みが1番セックスの回数は多かった。高校卒業したら直ぐに仕事にしてしまったから、クオリティを維持するために中一の時の様には出来なくなったから。

コメントを残す

ソーシャルプロフィール
閉じる