Posted on: 平成24年10月11日 Posted by: 萌照姫 Comments: 0
Views: 175
0 0

午後にオーダーいただきました。カラヤンのリヒャルト・シュトラウスには伝説がたくさん取り巻いている。ウィーン・フィルとの1970年代のレコーディングがDECCAで叶ったのは音楽を聞くことを芳醇なものとした。枚数は少なかったものの、それが還って宝珠といえる数々。ジャケットはドイツ盤とアメリカ盤とで、いくつもバリエーションがあります。CDではヨハン・シュトラウスと死と変容は一緒になっているし、ティルはツァラトゥストラの余白になっている。このレコードの一番の聞き所は7つのヴェールの踊り。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e163993.html

レーベル 米LONDON レコード番号 CS-6211 曲目 R.シュトラウス:死と変容 …
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す