Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/c5154224/public_html/soap.nmm.jp/wp-content/themes/reminiscence-lite/assets/lib/breadcrumbs/breadcrumbs.php on line 252

今まで役のために髭を剃ったことはありません

Views: 54
0 0

スペインのテノール、アルフレード・クラウスが没した日(1999年9月10日)。20世紀後半のもっとも偉大なリリコ・テノール歌手と称された。

格調高い歌唱で愛され続けたクラウスだが、口髭をたくわえた容姿も歌唱同様品格をたたえていた。この髭には愛着もあったらしく、インタヴューで「(口髭が不自然になるような)若い役を演じる時は、化粧を厚くして髭を隠します。客席から見てもらう分にはそれで問題ないので、今まで役のために髭を剃ったことはありません」と答えている。

広告

一時は電子技師を目指したというが、地元合唱団で歌っているとその才能を見出され、1948年にはスペイン本土、バルセロナに渡って本格的な声楽の訓練を開始する。呼吸法、声帯の動かし方など科学的な声楽訓練を長期間にわたって継続する一方で、目先の金銭は得られるものの悪しき自己流スタイルを身に付けやすい性急な公演デビューを避けた。この禁欲的な訓練期間が、クラウスの後のキャリアを大きく開花させることになる。

彼の声質・声量に適合しない役はレパートリーから外すという抑制的な態度で臨んでいる。ヴェルディ『椿姫』アルフレード役も演じ、1950年代末までには十八番の一つとした。1958年リスボンでのライブ録音(マリア・カラスと共演)が今日でも名録音とされる。

1970年代後半からのクラウスはテクニック上の完璧を期すため、レパートリーをウェルテルやドニゼッティ『連隊の娘』トニオ役、『ラ・ファヴォリータ』フェルナンド役など10程度まで絞った上、年間の舞台数を20-25に制限して禁欲的な舞台生活を送りながら生涯現役を貫き、その甲斐あって70歳を過ぎ、病に倒れる直前の1999年まで現役としてその美声に衰えは見られなかったという。

1992年に行われたバルセロナオリンピックの開会式でオリンピック賛歌を独唱した。

彼の声質・声量に適合しない役はレパートリーから外すという抑制的な態度で臨んでいる。ヴェルディ『椿姫』アルフレード役も演じ、1950年代末までには十八番の一つとした。1958年リスボンでのライブ録音(マリア・カラスと共演)が今日でも名録音とされる。

1970年代後半からのクラウスはテクニック上の完璧を期すため、レパートリーをウェルテルやドニゼッティ『連隊の娘』トニオ役、『ラ・ファヴォリータ』フェルナンド役など10程度まで絞った上、年間の舞台数を20-25に制限して禁欲的な舞台生活を送りながら生涯現役を貫き、その甲斐あって70歳を過ぎ、病に倒れる直前の1999年まで現役としてその美声に衰えは見られなかったという。

1992年に行われたバルセロナオリンピックの開会式でオリンピック賛歌を独唱した。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

About ohesoya

administrator

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

⋮ Quick Menu
× Close
Share via
Copy link
Powered by Social Snap